新型コロナウイルスについて|難病患者が思う事

日記

今日はちょっと、踏み込んだ話題をしたいと思います。

新型コロナウイルス』について

長らく触れようか…どうしようか…と悩んでいたのですが
私が医療従事者という事は無しにして、1難病患者として単純に思う事を綴っていきたいと思います。

混乱している日本<日本人そのものが怖い

連日の買い占め・電車の中で咳やくしゃみをした時の周りの反応・政治家への批判・マスコミへの批判・WHOへの批判…

とにかく混乱&混沌

本当に日々怖い。

いつか日本でも、海外で見るような”暴徒”が出てくるのでは?
なんて思ってしまったり。

SNSやテレビの情報の危うさ

こんな時はさらにいろんなデマに惑わされます。

「トイレットペーパーが無くなるかも」

「30度程度のお湯でコロナウイルスは死滅する」

「あおさが効く」

などなど…
何かと震災の時や、台風の時、原発事故の時…
いろんなデマに振り回されましたね?

でも、オイルショックと同じデマ(トイレットペーパーが無くなる)に現代の日本人が振り回されてしまったことが、私は何よりも悲しいです。

実は医者も信用できない?

テレビに出演している医師・医療関係者からも
怪しい情報が出ています。

多くの人がきっと「お医者さんの言うことなら間違いない」と思ってしまうのに、信ぴょう性に欠ける話を堂々とテレビでする医師。

でも元々こういう人たちは実在していたんです。
ガン治療とか、難病治療の分野にはとくに。

医師の話すらも、自分で整理整頓&精査しなくてはいけない現代なんです。

こんな時、病気を抱える私たちに出来ることは?

① 普段から人一倍気を付けている感染症対策を、いつも通り実行しよう

⇒手洗い・うがい・喉を乾燥させない…

② 健康な人よりちょっぴり医療に詳しいんだから、気になる情報、引っかかる情報は自分の勘を信じてとことん調べよう

⇒30度のお湯でウイルスが死滅する?あおさがコロナウイルスに効く?と疑問に感じたら、信じる前に疑った自分を信じて調べてみよう

③ 身体はちょっぴり弱いから、異変があったらすぐにかかりつけ医に相談だ!

⇒なかなか病院にかからない健康な人と違って、せっかくかかりつけ医・主治医がいる私たち。自分の体調に不安があったら、すぐに相談できる存在がいる。それって得だと思う。

★医療機関を受診する時は、とくに感染予防強化してね。
大袈裟に予防するくらいがちょうど良かったりします。

持病があるから怖い、ではなく持病があるから闘える!を目指したい

これは私の個人的な考えなんですが、
こういう時に「持病があるから怖い…」「感染したら重症化するかも…」とどんよりした暗い気持ちにはなりたくありません。

持病があるからこそ、信頼できるソース元を見極められる・正しい情報を見つけられる

持病があるからこそ闘える!!

そんな難病患者でありたいと思います。
(そりゃあ本音としてはやっぱり怖いんですが…)

ちゃんと感染予防した上で、普段と同じように楽しく過ごしたいです。

そしてデマを「デマだよそれ!」と堂々と周りに言える人間になりたいな、と。

もちろんそれは、その人本人を否定する言葉としてではなく、お互いのため・みんなのために言う言葉として伝えたいものです。

今、怖いのはウイルスより人間、、となっている。

本来ならば人間同士は助け合う存在

早くコロナウイルスが収束して、平和な日常に戻ってほしいな

3月末には久しぶりの定期健診もあります。

もっと医療機関も日本全体も、落ち着いてくれていることを祈るばかりです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました